難しい! と言うか 良く解らない自動車保険
事故 → 損害賠償 → 示談金 → 保険金 ??


事故を起こしてしまい、他人に損害を与えてしまった時に、その損害を賠償しなければならないのは、保険の有無に拘わらず、民法709条「不法行為(不注意)」で、事故当事者である加害者自身の債務です。  

被害者は、被った損害を民法709条により、加害者に損害賠償請求する権利があります。
そして、裁判基準により算定された額を、加害者から受ける権利があります。

賠償金額は、損害に対し(その時に同じ物を再度調達出来る費用)を裁判基準で算定される。

事故を起こしてしまい、損害を与えた時に その損害賠償を”担保”してくれる契約なのが自動車保険。

自動車保険は、加害者(被保険者)が法律上の賠償責任を負った場合に、その損害を保険契約内において”てん補”する契約。

保険金の請求は、加害者(被保険者)が保険会社に請求するか、被害者から加害者の保険会社に対し、被害者直接請求権を行使することで保険金請求が出来ます。

保険金の支払いは、被保険者と保険会社との「保険契約」を基準として支払われますので、保険契約以上の保険金は支払われません。足りない分は加害者が負担する。
そもそも加害者が自動車保険を買っていなければ、保険金がありませんから、全額加害者の自費となります。


しかし、今現在 保険会社主導の下に行われている保険金の支払いは、被害者には関わりの無い、加害者と加害者が買っている自動車保険の保険契約に基づくものを、有無を言わさず被害者に押しつける行為であり、裁判基準とは言えない低い示談金額を突きつけ、承諾しないなら保険金は支払わないと脅して被害者を納得させている。


実際、保険会社の介入により”裁判”を行わず、「示談」で終わらせるため、加害者の民法709条「不法行為(不注意)」ではあるものの、被害者が訴えていない状態なので、加害者には法律上の損害賠償責任は確定していなのを良い事に、それを上手く使い、保険会社は裁判基準で保険金を算定する事はせず、低い示談金(保険金)額で、満額支払っている様に誤魔化している。


では、今支払われている保険金の算定基準は何か、これは裁判基準でも無く、保険契約にも保険約款にも書かれていない秘密の「保険会社基準」を用い、保険会社都合の 保険会社が『支払っても良い』と考える額? 修理工場が『欲しい』と考え、保険会社と交渉した額?

どちらも正当で適正であると誰も言えない未知の算定額



本来修理の有無に拘わらず、損害を被った被害者が、その受けた損害に対して賠償されるはずである賠償金、保険会社が払おうと 加害者が払おうと、変わる事はない。

損害の個体差は当たり前だが、その損害に対して算定される額は、損害調査した者や修理工場やそれ等の意思で変わるものではない、平等であるはずだから。


前のページに戻る

HOME