バッテリー破裂事故防止対策

破裂事故原因   交通安全公害研究所、(社)電池工業会
@エンジン始動時にはバッテリーから大電流が流れますが、バッテリー容器内の劣化等した部位が電解液から露出していたため、 劣化部位から火花が発生し、容器内に有る水素ガスへ引火して破裂した。
Aバッテリーの電解液が規定量以下になった状態で使用を継続すると、バッテリーの容器内の各部位の劣化の進行が促進される。
Bバッテリーの電解液がバッテリーの側面に表示されている下限(LOWER LEVEL)以下になったままで使用 又は充電をするとバッテリーの破裂(爆発)の原因となるおそれがある。
Cバッテリーからは水素ガスの発生があり、取扱を誤ると引火して爆発の原因となる。
 1.たばこの火を近づけたり火気のあるところで使用しない。
 2.金属工具などにより(+)端子と(−)端子とを接触させないこと。
 3.充電は風通しの良いところで行うこと。
 Cは、これまでの破裂(爆発)防止のための注意事項。(この注意事項はこれまでどうり)
 破裂事故防止への対応

 破裂事故を防止するためには、バッテリーの劣化等した部位が電解液から露出しないよう液量管理を日常から適切に行うことが重要である。


【おススメの保険】   【保険金の扱いと流れ】   【保険金と賠償金】   【修理工場とユーザー】   【保険協定(法律事務行為)を行いません】  【保険会社へのメッセージ】

前のページに戻る

HOME