前方視界規準(新車及び使用過程車に適用する直接視界規準)

1.対象車種

 @専ら乗用の用に供する自動車。(5、3ナンバー。)(乗車定員11人以上のものを除く。)

 A車輌総重量が3.5トン以下の貨物自動車。(1,4ナンバー。)

 (いずれも使用過程車を含む。)

2.適用時期

   平成17年1月1日

 

3.規準概要

 (1)要件

   自動車の前方2mにある高さ1m、直径0.3mの円筒(6歳児を模したもの)を鏡等を用いず直接視認できること。

 (2)適用除外

   Aピラー(窓枠のうち車輌最前にあるもの)、ワイパー及びステアリングホイールより死角となる部分。


直前側方視界規準(新車に適用する間接視界規準)

1.対象車種

 軽自動車、小型自動車及び普通自動車(乗車定員11人以上のもの及び車輌総重量8トン以上又は最大積載量5トン以上のものを除く。)

 

2.適用時期

  新型生産車:平成17年1月1日以降に制作された自動車

  継続生産車:平成19年1月1日以降に制作された自動車

 

3.規準内容

 (1)要件

  自動車の前面及び左側面(左ハンドル車にあっては右側面)に接する高さ1m、直径0.3mの円筒(6歳児を模したもの)直接に又は鏡、画像等により視認できること。

 (2)適用除外

  @Aピラー(窓枠のうち車両最前にあるもの)及び室外後写鏡による一定の大きさ以下の死角。

  Aワイパー及びステアリングホイールより死角となる部分。

 

尚、詳しくは国土交通省のページを参照して下さい。

TOP

前のページに戻る

HOME