国家資格車体整備士,二級ガソリン自動車整備士。関東運輸局長認証分解整備事業者,関東運輸局長認定優良整備事業者 車体整備一種,先進安全自動車対応優良車体整備事業者

保険金


【自動車保険 損害保険会社 事案担当者の存在意義】

【おススメの保険】

【保険会社へのメッセージ】  

【自動車保険の実態】

【修理工場とユーザー】

【修理工場として 私共に出来る事】

【保険金の消費税】

【保険金と賠償金】

【保険金の扱いと流れ】



弊社がお受け出来る保険事故修理

原則
 ①そもそも、保険契約は保険契約当事者同士の問題である。
 ②そもそも、「協定」とよ呼ばれる行為が、部外者の修理工場を相手に、保険会社の損害調査対応によって一貫性のない立場の相手、「保険会社社員」であったり、「外注の損害調査会社の社員であったり」が協定?して、「保険金案」が決まっているのか「保険金」が決まっているのか、「修理契約代金」が決まっているのか、不明確です。
 ③そもそも、保険金であるとするなら、それは保険契約者本人のものです。
 ④そもそも、保険金案だとするなら、それは修理工場には無関係なものです。
 ⑤そもそも、修理代だとされるなら、それは損害調査員にも保険会社にも無関係のものです。

 弊社は、「保険金の額」であれ、保険金以外の額であれ、お客様自身の予算と要望の希望に合わせて、お客様の注文通りに修理いたします。

 多少柔軟にはしますので、この流れでいいよーという保険屋さんのみ、会話を受付ます。

 保険会社数社ですが、既に3年近く実績はあります。

 保険会社と結託/談合した部品交換なら ディーラーさんが得意だと思います。


主な流れ



  条件

  以下のような、人に自分の権利を代理させる方はご遠慮ください。
  1・ここも一緒に保険屋に請求してみてよ。
  2・保険金余らせて。
  3・保険屋と車屋に全部任せる。でも責任は車屋だよ。


  条件2
  修理の相談には乗りますが、示談交渉や保険金額の相談には乗れません。


      消費者庁 国民生活審議会第4章 保険サービス         被害者救済 JTA

HOME

当サイトにある全ての画像及び文章等の一部又は全部の複製及び転載二次使用を固く禁じます。
私の作った(書いた)物は私に、お借りしている物はそれをお貸し下さっている方に著作権があり、一切放棄していません。