遅れた日本に世界標準防錆を

油脂系からゴムに、そして世界は今 レジンで強固な防錆処理!

アウトバーン、ハイウェイ。
世界の防錆は、10年以上前に油脂系からゴム系に変わりました。
そして今、樹脂系防錆が世界の主流です。

あなたの車の防錆は?

弊社は、世界トップブランドの防錆を導入致しました。

近年の日本の道路事情は、除雪に慣れていない関東東京での防錆剤大量散布、除雪地域でも除雪人員不足により追いつかずの融雪剤大量散布など、多くのドライバーが感づいている通り、マイカーや社用車が錆びやすい環境に成っています。

さて世界の防錆事情は、アウトバーンやアメリカハイウエイなど、日本よりも過酷です。
10数年前、世界は油脂系防錆剤からゴム系防錆剤に移行しました。

そして世界の防錆は「ゴム」から「レジン」へと変革を遂げましたが、日本では世界基準の防錆剤が手に入りませんでした。

ですが!

お待たせ致しました。
東京でもこの防錆が出来る様に成りました。

施工技術を保証するお店は
青森県弘前市、福井県福井市、そして東京都小平市でスタートです。

※注意※ 防錆処理をしたら以後絶対に錆びる事は無い!なんて事は有りません。
     正し、防錆処理をした事で、錆難くなる事は確かです。
     だからEUの標準なのです。





防錆処理後の肌




施工例

JEEP
































クリッパー



新車レベルの状態を対象にした、標準作業料金(税別)
※錆び易い繋ぎ目を主に施工します。

 SS~S 材料18,900円 施工技術料31,000円 合計49,900円
 M~L 材料22,050円 施工技術料37,000円 合計59,050円
 LL~XL  材料25,200円  施工技術料43,000円  合計68,200円 

◆オプション

★耐久性アップオプション
 使用溶剤1本追加 5,800円(同時追加のみ)


◆単品販売

塗装設備をお持ちの運輸関係事業者様、農家の方などボトル販売もしています。

1本6,800円

※最近の最新車両は、この部分にプラスチックカバーがついており、内部は施工していない車が多い。
気付かぬうちに、錆で鉄が無くなってしまう前に、長く乗ろうという方は是非施工おススメします。


例:軽トラック。 プラス1本 耐久性アップコース。



















前のページに戻る

HOME

Present by hide (Since 1998/06)
Copyright (C) Shoei car Co., Ltd. Hideo Takano. All Rights Reserved.