この中にも色んなバナーが有ります

車を売る時、買い取り店に注意しましょう
ディーラー査定の方が高い事が多い!

私の個人的な意見となりますが、まず車は新車から1年目辺りがまでが一番価格が下がりますので、新車で購入して間もない場合で手放すなら、当然ながら出来るだけ早い時期の方が良いと思います。
基本的には数年経っている場合でも殆ど同じです。

それも買い取って貰う場合は出来るだけ多くの買い取り(下取り)業者(買い換える車が新車ならディーラー、中古車なら購入したい中古車を置いてあるお店も含めて)を周り、買い取り(下取り)価格の高い所を探された方が良いでしょう。

ネットの買い取り査定もディーラーの基本査定額が基準になり、そこから買い叩くのが当たり前です。
どの買い取り店も、「今置いて行くなら」とか、「明日までに貰えれば」などと言って来ますが無視して構いません。他店に持って行かれない為の脅しですから。
その後の電話攻勢も多いですが、適当に誤魔化して良いです。相手にすると上手く丸め込まれますから注意して下さい。

買い換える車が新車の場合は、ディーラーの査定額の方が高い事が多い(事実です)ですが、購入予定が中古車の場合は、単純に出来るだけ多くの買い取り店を回る事をお薦めします。
前記しましたが、基本的に買い取り店は買い叩く事が大前提で仕事をしていますので、2〜3店舗回った程度では買い取り相場も解りません。

先日私自身が購入3年5ヶ月のステップワゴンを、ネット査定とディーラー数店に査定見積りを依頼しましたが、ディーラーの査定額より高い買い取り店はありませんでした。殆どがディーラーの査定額より10万以上安かったです。

数店の買い取り店を周り、売ろうと思う”買い取り店”を、ある程度決めたら、引き渡す前に必ず「名義変更後の車検証」のコピーは貰えるのかを確認して下さい、その後の税金の問題などもありますので、出来れば売る時に一筆貰いましょう。
印鑑証明書や実印を押印した重要書類を渡す訳ですから、注意するに越した事はありません。

軽自動車の場合、印鑑証明書や印鑑その物も必要なく名義変更も出来てしまいますので、これも要注意です。

by.hide

前のページに戻る

HOME