自動車屋のイメージ
〔私hideがアンケート調査した結果です〕

「いわゆる自動車屋について」カーディーラーやカー用品店と比べての、感想や要望を教えてください、
と言う質問を あるプロバイダーの運営する掲示板で聞いてみました、これはその回答です。

@ あなたには、かかり付けの自動車屋が有りますか、有りませんか。その理由を教えてください。

A 自動車屋をディーラーと比べてどうだとか、カー用品店と比べてどうだとか、印象を教えて下さい。

B こんな所が「嫌だ」「嫌いだ」とか、こう言う所は「いいね」など思いついた感想を教えてください。

 

Aさんの投稿

@有りません。私はかかりつけの自動車整備工場は有りません(業務での付き合いは有りますが)

A自宅の近くに無いって言うのが一番の理由なんですが、やはりお店に入りにくい印象が有ります(ディーラーに比べて)、でもいざお店に入ってみるととっても親切なのはわかってはいるんですが・・・・・

B思い付いた事は事務所の入り口がわかりやすければ良いと思うのですが・・・・
 

Bさんの投稿 いつも『自動車屋です』のトピック&御社のページを拝見し、参考にさせて頂いております。

@今は無いです。

A大変失礼な意見で恐縮すが、ディーラーと比べ
1.保証が少ない気がします。例えばクレームをちゃんと受けて頂けないなど。
2.自動車屋さんには『当り・ハズレ』があると思います。ディーラーにも有ると思いますが、確率の問題でしょうか。
また、1の理由で、ハズレであっても『なんとかしてくれる』と思ってしまいます。

 またまた失礼な意見ですが、カー用品店と比べ
1.値段が高いと思います。これも私のイメージかも知れませんが
2.品揃え(取り寄せになり、すぐ買えない)が良くない

B良い点としては
1.融通がきく(支払いを待ってもらったり)
2.『きさく』な感じがし、相談しやすい

但し、私の場合引っ越しが多いので評判の良い自動車屋さんを探せない、といった理由もあります。
全てがhideさんの所の様な『親切な自動車屋』であれば良いのですが...
 
 それぞれ何が売り物か?
ディーラー:新車・安心感(無い所もありますが...)
カー用品店:安さ・便利さ
自動車屋さん:技術
だと、私は思っております。

ディーラーも技術はあると思いますが、自動車屋さんは『職人の集団』と解釈しております。

以前ディーラーのサービスの人の話を聞いたのですが『板金塗装するの?うちにも直営工場あるけど、奨めないよ。

ここの営業所はだいだい外へ(自動車屋さんへ)出してるよ。
(自動車屋さんのほうが)やっぱり仕事が丁寧だしね』と言われた事があります。

 ところで、hideさんの所は『通信販売』をしていますか?例えば『装着時・使用時の注意点』などを簡単にまとめた文章(取説以外で)を、一緒に送付して頂けると、ユーザーからはさらに信用と安心感を得られると思いますよ。

度々生意気な発言で恐縮です。ではまた!
 

Cさんの投稿 hideさんこんにちは。「自動車屋」のトピックに以前投稿したことがあります。

@かかりつけあります。  
 私の家では家族ぐるみで近所の自動車屋さんにかかっています。

親の代からのお付き合いです。修理歴や不具合等全て把握してくれているので任せきりで安心です。

「この部品まだ交換する程じゃないけど、多分ダメになるから今度何かの修理の時ついでに交換しよう、部品とっとくから」とか。

B私見ですが、自動車屋さんはお医者さんと似てますよね。

近所にベテランでウデの良い町医者がいればかかるし、

知らない土地に引っ越したばかりの時は大きい公立病院が心理的に安心。

 むしろ、自分で車に手をかけない人ほどかかりつけの自動車やさんが有る事のメリットが大きいように思います。

 周りの、あまり車好きでもない普通の人たちに聞いた所、

1.その車を買ったディーラー

2.親の代からつきあいのある近所の町工場といった感じでした。
で、オイル交換等は用品店と 皆さん書いてますが一般的にはやっぱりこんな感じなのでしょうか。

では。
 

Dさんの投稿

@ないです。
 というか、町の自動車屋さんのお世話になったことがありません。
ウチの近くにも、いい腕の自動車屋さんがいるのかもしれませんが、どこにいるのかもわからず、買ったお店(ディーラー)にいつも頼んでしまいます。

Aなぜか?
1.入りづらい雰囲気(誰の紹介?なんて聞かれそうな(^_^;)←小心
2.なんだか高そう(ホントはディーラーなんかより安いんですよね。でも、ふっかけられたらコワイ)
3.腕がいいのか悪いのか、任せてみないとわからない
4.店によっては常連さんがたむろしてたりして、輪の中に入れない。
 などの理由もあり、なんとなく敬遠ぎみな私です。
 

Eさんの投稿

@かかりつけあります。
 私は、かかりつけの車屋さん、タイヤさんあります。私のマーチスーパーターボは、古いのとラリー仕様なので、よく壊れたり、消耗パーツもかなりあって、かかりつけでないと直してもらえないのです。

そしてなにより安心の整備、安い工賃が魅力です。

また、簡単な整備は、やり方を教えてもらって自分でさせてもらうと、いい勉強になります。

Aカー用品店は、あまりいきません。同じモノがホームセンターやデイスカウント店の方が安いからです。

思いつきの文章ですみません。
 

Fさんの投稿

@私はありません(でした?)。
 何かあればディーラーに持ち込んでました。

理由といえば新車で購入したこともあり、

用事は担当のセールスの人に電話1本で済ませられると言う手軽さがあったからです。

また、わたしはまだまだ自動車歴が浅い人間でして、ディーラーに任せた修理はすべてディーラーの工場でやっているものだと最近まで思ってました。

AB正直言って、hideさんの「自動車屋です」のトピックスを見て、やや考え方が変わりつつあります(お世辞ではないです)。

というより、知らなかった世界が見えてきたって感じ?ディーラーは保証が強力なかわりに、保証できない作業(社外品の取り付けとか)はいやがる傾向にあると思います。

そういう部分は町の自動車屋さんの強みではないでしょうか。

 私もディーラーに頼みにくいことなどは、

これからはhideさんのお店のような自動車やさんに相談しようと思いつつあります。
 

Gさんの投稿

 このトピックスからは外れてしまうかもしれませんが・・・。

 実家は自動車電装品の整備工場なのですが、子供のころから友達なんかにお店の仕事を理解してもらえません。

 ディーラーオプションのナビやステレオなんかは うちみたいな外注業者がやってることが多いって言っても、みんなはディーラーの整備士が取付けやってるって思ってるのであんまり納得してもらえません。

最近は説明するのがめんどくさいので、「車のでんき屋さん」って言ってます。

 実家のお店は町の自動車工場からの外注で電装品の修理なんかでお付き合いがありますが、修理工場じゃなくて部品交換工場って感じの所が多いような気がします。

トピックスから外れてる上に生意気なこと書いてすみません。

皆さん ご意見ご感想有り難うございました。

 やはり多くの自動車屋は皆さんご指摘の通り事務所の入り口や受付が奥まっていたり解りにくかったりしてると思います。

 自動車屋と言う、やはり工場と言う形式の建て方が多く、古い建物を今でも使っている事業所が多いですし、最近になって建て直したり新規に事業を始めた自動車屋は有る程度ユーザーを意識した建て方をしていると思いますが、まだ事務所や受付の入り口は奥の方になっている自動車屋の方が多いのは確かです。

まずそう言った所から直していかないといけないようですね。

実際のところ道路に面している場所に事務所を建ててしまうと、車の出入りに不便だからだという「作業本意」の(職人としては当然の?)考え方から抜け出せない面も有るのでしょう。

しかし、現在のように仕事自体が減っている中、一般ユーザーを獲得しようとするのなら、ユーザーが求めている事を認識しないで今までの様なやり方をしていては成り立っていかないのだと言う事を解らなければ行けません。

 

 自動車屋では保証等の面が心配だと思うのは当然の事だと思います、確かにディーラーのバックにはメーカーという後ろ盾が有るように思えるのは確かだし、実際に新車クレームなどはほぼ全てメーカーが受け入れるという形で保証されます。

これと同じ事をするのは当然無理なのですが、現在は民間会社も整備振興会という組合が有り「整備保証」という物を取り入れていて、自社作業によるクレームに対する整備保証制度を取り入れているので安心して入庫して貰えるようにもっとPRするとかの方法を取らなけれはいけないでしょう。(鈑金工場はどうしよう?これは今後の課題ですね)。

 

 自動車屋に行く時は 当然修理や点検整備などの目的が出来たときだと思いますが、それ以外に来店して貰うために、カー用品店の様に小物を揃えて行く事はとても出来ないでしょう、出来る限りの商品を並べても絶対に勝てません、当然価格でも勝てないでしょう。

でも!ナビゲーションや一流メーカーのタイヤ等は勝てる事もあります(当社では)、少しでも勝てる物が見つかった時には、無理はしないで、でも精一杯やってみる。そしてそれだけでも浸透すれば、それが目玉になるかもしれないし。

 

 ユーザーの皆さんが自動車屋に入るのに色々と心配が有るように、自動車屋にも心配な事があります支払いは大丈夫だろうか、代車を出しても丁寧に乗ってくれるだろうか等々。

変な話ですが、確実な作業をしているのにも関わらずイチャモンを付けられ無いだろうか(ユーザー側からすると納得出来ない仕上がりと言う事もあるので、これは正直難しいですし、感覚の問題で個人差もあるので)等と考えているので、誰の紹介か聞いて安心したいというのも正直なところです。

始めてのお客さんだと、どんな人か解らないから、そう言う気持ちも解りますが、一般ユーザーを獲得したいなら、聞き方話し方を考えて上手に対応するしか方法はないでしょう。私も人を見る目は養っているつもりですし、やばいかなと思う方には丁重にお断りするケースも有ります。
まずは、会話をしてお互いの確認をする事が大事ではないかと思います。
変に余り馴れ馴れしい人は、やっぱりやばいと思えます。

「腕がいいのか悪いのか、任せてみないとわからない」と言うのも 解りますね、本当にそうです。

《「な〜に?」風な見られ方すると、私も「やっ そんなに大事な用じゃないから」みたいな顔して出て行っちゃいますね。》

これは最近は余り見られなくなったと思いますが、自称頑固な職人はこういった人が多いのかも知れません、でもそれでは新規ユーザーは獲得出来ません。作業に対しては頑固で結構!でもこれからは接客も大事な仕事だと言う事も忘れてはいけないのです。

 これからは技術の向上はもとより、サービス業としての(職種で言うと製造業に属するようです)自覚を持ち、ユーザーに信頼されるような業界になって行くように、心がけなければならないでしょう。

 ユーザーに作業内容を把握して貰い、交換が必要な損傷か、鈑金で修理が出来る(鈑金の方が良い)損傷なのか等の説明を明確にして、ユーザーの納得のもとに作業を進めるなどの配慮も必要だと思います、やられた事故だから全てを交換したいとか、保険を使うから交換したいとか言うユーザーに対し、明確な説明において最良な処置を行っていけるように、自動車屋としての知識と経験をフルに活用してユーザーとの信頼関係を確立して行くような努力が必要だと思います。

これは私自身に言い聞かせている事ですがこの業界の方には全て当てはまるのではないかと思います。

皆さん 頑張って行きましょう。

TOP

前のページに戻る

HOME