ラッチマスターシリンダー交換

画像をクリックすると大きな画像が見られます。

スカイライン HCR32
マスター・シリンダーからのオイル漏れ
鬆が出来ていたためAssy交換 (鬆とは、金属などに穴などが開き、空洞となること)
現象:クラッチのオイルが減り、クラッチペダルがふかふかになり、クラッチが切れなくなった。

マスターシリンダー・ダストカバーからオイルが漏れ垂れていた。


左図の矢印のクリップを外し、太さ5o程度のピンを抜きます。

エンジンルームに有るマスターシリンダー・リザーブタンクからオイルを抜き取ります。


マスター・シリンダーに繋がっているパイプを高圧パイプ(ブレーキパイプ)用レンチで外します。

パイプが外れたら、マスター・シリンダーを車体に留めている12oのナットを外して、シリンダーを外します。

マスター・シリンダーを分解します。

ダストカバーを外すと中から漏れ出て溜まっていたオイルが流れ出ました。

スナップリングを外すとプッシュロッドが外れます。

次に裏側にあるピストンのストッパーを外します。

これは、ピストンの奥にスプリングが入っているために、ピストンが飛び出すのを防止する為のボルトです。

ピストン貫通タイプのロックです。

左からプッシュロッド、ピストン、スプリング、シリンダー。

黄色で囲んでいるのが、ピストン(左側)横に長く穴が開いています。
そしてその穴にロック(右側)が入って飛び出しを防止します。

今回は、シリンダーに鬆が出来てしまっていたので、Assyの交換に成ってしまったので、組付けは紹介出来ません。

新品のクラッチマスター・シリンダーです。
取り付け手順は、取り外しの逆です。
車体に取り付ける時は、プッシュロッドがクラッチ・ペダルのアームに素直に入るようにするため、アームに対する角度を確認してから差し込みましょう。
角度が大きく違っていると、アームに上手く差し込めません。

プッシュロッドを上手くアームに入るように気を付けながら、シリンダーを車体から出ているボルトに合わせて差し込みます、入ったら先程取り外したピンでアームとロッドを繋ぎ、シリンダー本体もナットで固定します。

車体に取り付け出来たら、パイプを取り付けますが、この時 有る程度奥に入るまでは手で締めて下さい、始めからパイプレンチを使うと思わぬ失敗をします。

シリンダーはアルミ製でパイプは鉄?です、角度が違っているとオイル漏れの原因になります、手で奥まで締め込んでおけば(角度が違っていると手では締まらないので)、ネジ山を駄目にする事は滅多にありません。

またパイプはラッパの様な形状をしているため、有る程度しっかり締め付ければ、オイル漏れを起こすことは殆どありません。

クラッチオイル(ブレーキオイル)をリザーブタンクに入れ、エアー抜きをします。

始めはマスター・シリンダーに溜まったエアーをブリーダーから抜きます。

ブリーダーにエアー抜き用のホースを取り付け、クラッチペダルをポンピングするか、ワンマン・ブリーダーを使用して気泡が無くなるまで行います。
(すぐに気泡は無くなります)

次は、レリーズ・シリンダー(ミッション側)までのエアー抜きをします。

方法はマスター・シリンダーと同じです。
ただしこちらは距離が有るので少し時間が掛かります。

こちらも気泡が出なくなるまで行います。
基準としては、ペダルを20回程度ポンピングすれば殆ど気泡は出なくなると思います。

注意!気泡が無くなる迄は途中で止めない事、圧縮された空気でオイルを押し戻し、リザーブタンクから吹き出す事が有ります。

最後にプッシュロッドの調整をします。

ペダルから足を離した状態でペダルの遊びを手で確認します。

プッシュロッドはペダルアームにピンで止めてあり、反対側はマスター・シリンダーにスナップリングで固定されています。
と言うことは遊びが無い事もあります。

遊びが無いと圧のかかったオイルがリリースされず、クラッチが切れたままになる事も起こり得ます。

では遊びを作りましょう、ペダルを手で軽く押して3〜6o程度カタカタと音が出る状態にします。

遊びが無いと言うことは、プッシュロッドが押されているか、引っ張られているかどちらかです。

まず車内からプッシュロッドを確認します、クラッチ・ペダルアームの付け根付近に、ストッパー(丸い当たりゴム)があり、そのゴムが(ゴムに)当たる部分にボルト又はプッシュスイッチの付いたネジが有ります。

そのボルト又はプッシュスイッチに当たりゴムが当たっているか浮いているかを確認します。

ではプッシュロッドのアジャスター部のナットを緩めます。

ゴムに当たっていて遊びが無い場合は、シリンダーのピストンを押しているので、プッシュロッドをシリンダー側へ締め込みます、すると始めは固かったロッドがフッと軽くなります、そのまま少し締めると遊びが出来ますので、適当な遊びが出来たらアジャスターのナットを締めればOKです。

ゴムから浮いていて遊びが無い場合は、ペダルアームがプッシュロッドに引っ張られているので、プッシュロッドをアーム側へ緩めてやります、するとやはり軽くなります。

軽くなった所で遊びを確認して適当な遊びになったらアジャスターのナットを締めて終了です。

今回はキットの交換ではなかったので、組み替えの細かい説明が出来ませんでしたので、シリンダーを切断して、サンプルを作ってみました。

キット組み替え時の参考になるかと思います。

 

 


全体の構成部品です。

シリンダー内部

@リザーブタンクからオイルをシリンダーに送る穴です。

Aマスター・シリンダーのエアー抜き用ブリーダー・バルブです。

Bレリーズ・シリンダーへ繋がるパイプの取り付け部です。

右側が車体。

これがピストンです。

マスター・シリンダー補修用インナーキットでは、殆どがこの状態で来ます。
(ブレーキも)

中央の横長の穴にストッパーボルトが通ります。

クラッチ・マスター・シリンダーAssy ¥8630−
工  賃

¥8450−

その他 オイル、ショートパーツ ¥2000−
 
なお、ここで紹介した方法は私が行っている方法です、これをご覧になり貴方自身または第三者が交換作業等を行う時は、貴方の自己責任において確実に作業して下さい。こちらでは一切の責任を負いません。


以上交換レポートでした。

top

前のページに戻る

HOME