お車を運転される方は

是非、任意の自動車保険にご加入下さい

自動車保険は、お車を運転される方の誠意です!!

 

自動車保険は、あなたもあなたのご家族も守ります!!!

 

※ 自動車保険にご加入されている方へ ※

@事故の当事者になってしまった場合は、まず双方にケガがないかの確認をして、ケガをされている場合は救急「119番」に連絡をしてその後、直ちに警察「110番」に届けましょう。
※事故相手の方が通報しなくていいと言われても、必ず警察には届ける事をおすすめします※

A警察に通報後、次にご自分がご加入の損害保険会社に事故報告をしましょう。
 *その場合24時間事故報告を受け付けている電話番号が保険証券等に記入されていると思いますので、予めその電話番号を書いた紙等を被保険自動車内に置いておくことをおすすめします。*

B転居等でご契約者のご住所が変更になった場合、またお車の買い替え等で被保険自動車が変更になった場合は速やかに代理店又は保険会社へご連絡下さい。(通知義務)
 ※ご連絡がない場合、保険金が支払われない場合があります※

C運転者年齢条件は被保険自動車を運転される可能性がある一番年下の方の年令を基準にして下さい。
 ◎保険期間の途中で運転者年齢条件より年下の方が被保険自動車を運転するようになった場合は、年齢条件の変更を速やかに代理店又は保険会社へご連絡下さい。
《運転者年齢条件の変更がないまま年齢条件よりも年下の方が運転中の事故については、保険金が支払われません。》

D無保険自動車との事故で、相手方が支払えない場合ご自身のお車の修理代は全額ご自身の負担となりますので車両保険のご加入もおすすめします。盗難の場合も保険金が支払われます。

 

※ 自動車保険って、どんなときに役に立つの? ※

@車両保険
 ご自身のお車が事故で壊れたり、火災や盗難にあったときに役に立つ保険です。
 (単独事故及び当て逃げなどの場合は、一般の車両保険加入の場合のみ担保されます。)

A対人賠償
 歩行中の人、自転車やオートバイを運転中の人又は車両同士の事故の場合の相手車両に乗っていた人など他人を死傷させてしまった時(ご家族は対人の対象とは成りません)、自賠責保険で支払われる金額を超える部分に対して保険金が支払われます。

B対物賠償
 事故相手の車、自転車、電車、家屋、商品、ガードレール、動物など、他人の物に損害を与えてしまった場合に支払われます。

C搭乗者傷害
 ご本人やご家族、ご友人など、ご自身のお車に乗っていた人が事故によって死傷された場合に支払われます。 
(設定可能最高限度額:入院1日15,000円、通院1日10,000円)

D人身傷害補償特約
 ご自身に過失がある事故の場合でもその過失割合に係わらず治療費などのが補償されます。
 また、同居のご家族が歩行中に当て逃げ、ひき逃げにあってしまった場合や事故の相手が無保険車の場合の治療費などに保険金が支払われます。

★この他に色々な特約もあり、また保険会社によっても違う部分もありますので、皆さまのライフ・スタイルにあった保険を選ばれることをおすすめします★

前のページに戻る

HOME