自賠責保険の名義について

車の売買等(譲った場合でも)で車両の名義変更した時には、自賠責保険の名義も変更して下さい。

自賠責保険の名義を変更しなかった場合、万が一元の持ち主(自賠責保険の名義人)を轢いてしまった時は、【保険契約者=被害者】に成ってしまうため、自賠責保険の支払い範囲から外れてしまうので「自賠責保険は適用されない」と言う事態が発生します。

しかしながら、被害者保護の観点から実際には自賠責保険が適用される事が多い様ですが、その際車両の所有に関する調査が行われ、車両の所有の事実が適切だと認められた場合のみ自賠責保険の適用となる事が有ります。

 

と言う事で、ややこしい事に成らないようにするためには「自賠責保険」の名義も変更した方が良いですね。

自賠責保険の名義変更に必要な物

1.新・旧所有者の印鑑

2.新・旧所有者の住所/氏名

3.自賠責保険証明書

4.車検証

以上を持って各損保の営業所に出向き手続きをすればその場で名義変更が出来ます。

前のページに戻る

HOME