簡単に確認出来る事故車の見分け方、確認方法

この写真はバック・パネルを交換した跡が有ります。

赤枠がチェックポイントで特に解りやすいのが下の横長の方で、フロア・パンと、バック・パネルの接合部が適切な処理がされていないためパネルが捻れてその上に塗ってあるシーリングも無補修部分とは異なっています。

この辺を確認するとパネル交換がされているかの判断が出来ます。

またバック・パネルが交換されていれば両サイドの接合部分も新たにスポット溶接されているので解ると思います。

見る時には内張が外せる時は外せば良いし、外せない時はフロアーカーペットを少し捲れば有る程度は確認できると思います。


これはフロア・パンです。

バック・パネルから押されフロア・パンまで損傷が及んでいますが、フロア・パンが補修されていない状態です。

この状態の原因は、保険に無加入のため自腹での修理でお金をかけられなかったか、修理業者の手抜き作業ということが言えるため、他にも損傷が残っている可能性もあります。

確認は中古車屋などではトランクやカーゴスペースは何も載っていないので捲れば見られるでしょう。


2番目と同じ車両です。

バックパネルを修正機で引っ張る時にクランプで銜えた爪の跡が残っています。

これはウエザー・ストリップ(防水のゴム)を外すとすぐに解ります。


これはクォーターパネルを交換していて、パネルの合わせ部でスポット溶接していた部位のスポットを剥がした跡が、そのままになっていて処理がなされて無く、ウエザーストリップを外せばすぐに解る状態です。


こちらもやはりパネルの合わせ目ですが、鈑金の跡が雑なためパネルが波打ったままに成っています。

これもウエザーストリップを外せば解ります。


こちらもパネルですが、合わせめでは無く、繋ぎ目の処理が悪いためシーリングの不良が有り、雨漏りが有りました。

これはバックドアーを開けた時点で解りました。


基本的にはこの他の部位も同じように解ると思います。

エンジンルーム内などは、シーリングの違いや、ボンネットを閉めた時に、フェンダーとの隙間の違いなど(これは無補修でも有りがちですが)を確認して、前方後方や左右の違いが有れば中を確認するなどをした方が良いでしょう。

前のページに戻る

HOME