自動車 名義変更 軽自動車 譲渡 委任 車庫証明 検査証 申告書 相続 遺産分割協議書 

A.売買などによる名義変更(2輪・軽自動車を除く)  〔軽自動車はこちら〕

●名義変更申請に必要な書類

  • 印鑑証明書(3ヵ月以内) (買)(売)
  • 車庫証明書(1ヵ月以内) (買)
    実際に使用する所が所有者の住所と違う場合はこちら
  • 委任状(実印押印、本人の場合は不要) (買)(売)
  • 譲渡証明書(実印押印) (売)
  • 自動車検査証(車検証) (売)
  • 代理人の認印
  • 本人出頭の場合;認印持参 (買)
  • 申請書 (買)
    ・1号又は2号様式
  • 手数料納付書 (買)
  • 自動車税申告書、自動車取得税申告書 (買)

B.相続に掛かる名義変更

●所有者死亡後の名義変更申請に必要な書類

  • 戸籍(除籍/原戸籍)謄本。
    ・現所有者(名義人)の第一親等の親族(以下親族とする)と解る様に全員の物
  • 現所有者の親族全員の印鑑証明書(3ヵ月以内) 
  • 車庫証明書(1ヵ月以内)〔現所有者と今回所有者に成る方の住所が違う場合〕
  • 遺産分割協議書 (未成年者が居る場合は不要)
  • 未成年の親族が居る場合は、親族全員で相続するために、親族全員の委任状。
    ・親権者の委任状は「未成年者の人数分」必要です。
    ・また世帯全員の住民票も必要です。
  • 新所有者の委任状

購入者(新 所有者)は、購入車両の車庫証明書を管轄の警察署で発行申請する。

  費用、東京の場合¥2,600−(申請時¥2,100−、受け取り時¥500−(ステッカー代))
  ※金額は都道府県で違います。

 車庫証明書の申請に必要な書類(車庫証明書)
 A.「自動車保管場所証明申請書」
 B.「保管場所の所在図・配置図」
 C1.「保管場所使用権原疎明書面(自認書)」自分の家に駐車場が有る場合。
 C2.「保管場所使用承諾証明書」賃貸駐車場を借りている場合。

  ※車庫証明の申請用紙は警察でもらます、警察以外だと1台分90円以上かかります。
   購入場所による。

 個人の場合はA.B.C1またはC2.と印鑑(認め印で良い)を持って行く。

 法人の場合はA.B.C1またはC2.と印鑑(認め印で良い)と印鑑証明書(コピーでも可)を持って行く。
 印鑑証明は、法人として登記されているかどうかの確認のため必要。

 土、日、祝祭日を除き3日から4日で発行されます。

 受け取りに行く時は印鑑(認め印で良い)を持って行く。

新・旧所有者(購入者・販売者)の印鑑証明書を市・区役所または役場で発行してもらう。
  「所有権」の付いている場合は、旧所有者(販売者)は2通
  ※旧所有者が過去に移転等で、車検証の住所と印鑑証明書の住所が異なる場合、本籍を移動してない場合は本籍地で所有者の戸籍の「附票」も取ります。
   本籍も移動している場合は、住民票の「除票」を取ります。

譲渡証明書(陸運局周辺の関東陸運振興財団、または自動車関係の事業所で買い(もらい))それに、現(旧)所有者の捺印(実印) ¥15円以上/一部

委任状(検査登録事務所に併設のナンバーセンター、または自動車関係の事業所で買い(もらい))それに、新・旧所有者の捺印(実印)¥15円以上/一部

次に、2.3.4と1の警察で発行された車庫証明書を持って、新・所有者の住所が管轄されている検査登録事務所へ名義変更へ行く。ナンバーの変わる場合は、名義変更する自動車を乗って行く。

.検査登録事務所周辺の代書やさん、またはナンバーセンターで変更登録申請書(第1号又は2号様式)の申請書(OCRシート)を購入する(同時に手数料納付書をもらう) ¥30円/一部

全ての書類に記入して(代書屋で¥2,400−位で書いてくれる)検査登録事務所へ申請する。
 ※(車検証の所有者欄にディーラーや中古車屋、または信販会社等、持ち主本人以外の名義が記載されている場合は、初めに「所有権解除」してもらって下さい。

変更登録の印紙を買う。 ¥500円
 ※代書を頼むと代書代と一緒に請求されるので自分で購入する必要は有りません。

受付で書類の確認が終わり、変更作業に入ると記入ミスなどが無ければ、検査登録事務所の交付窓口で現在付いているナンバープレートを外して返納するように言われますので、ナンバープレートを外してナンバーセンター建物内にあるナンバー返納窓口へ提出し、返納した証拠になる書類を受け取り、先程の検査登録事務所窓口へ行き新しい車検証をもらう。

  同一地域内(ナンバーが変わらない時)の場合、ナンバーの変更は有りませんので、窓口で新しい車検証を受け取り、主税局出張所(車検場内に併設)へ行き、税申告(納税者の変更手続き)を行います。↓

10次に主税局(併設されている)へ行き「自動車税申告書」へ必要事項を記入し、車検証と共に提出する、その時 他府県からの流入・譲渡の場合、自動車税が発生するのでその場で支払います、車種・月により金額は変わります。
  また売買価格が50万円以上(実売価格が50万以下でも、評価額が50万を超える場合)の車には、「自動車取得税」かかります。 取得税額は税局で調べてくれますが、評価額の約5%です。

ナンバーが変わらない場合は、これで修了です。

ナンバーが変わる場合は以下へ続きます。

11税申告が終わったら、再度 ナンバーセンターに行きナンバープレートを購入します。¥1440−/前後2枚で、その時に新しくもらった車検証を提出します(後で返されます)。
  ナンバープレートを購入すると「封印」をはめ込むための留め具(アルミで出来た直径3センチ位の丸くて穴の空いた物)を渡されます、そして車へ行き前後にナンバープレートを取り付けます、後ろのナンバープレートを取り付ける時、左側のボルトで先程ナンバープレートと一緒に貰った封印の留め具を共締めします。
  絶対に右側には付けないで下さい。

12取り付けが終わったらナンバーセンターの建物前辺りに車を移動して「車体番号」が見られる様にして(通常はボンネットを開けておく、車種によっては運転席のドアを開けた所やホイールハウスの中等にも有ります)封印してくれるのを待ちます、しばらくすると係員が先程渡した新しい車検証と封印を持って来ますので、車体番号と車検証を確認して封印してくれます。

※最近の車は車体番号がプラスチックのカバーで覆われている場合が多く、手でカバーを外す事が出来ない為、封印を取り付ける前の車体番号確認が出来ず、係の方が困る事が多いので、予め場所を確認してカバーを外して下さい。
カバーが外れてない場合は、係の方が道具を使って外す事になりますが、プラスチック製のカバーなので傷が付く事があります。カバーやカバー周囲に傷の付くのが嫌な人は、予め自分で外す事!

以上で全て終わりです。

※注意事項

取得税:実際に売買した価格が50万円以下でも、自動車の価値がまだそれ以上有る場合は、自動車取得税が発生します。
 逆に、プレミアム等が付いて、買った金額が50万円より高くても、プレミアムの分は関係ないので、50万円以下に申告すれば(実際に調べて高くなければ)課税対象になりません。
戻る

所有権:車を購入する際ローンなどを使用すると、ディーラー・中古車販売店・信販会社・自動車屋などの所有権が設定されます。この場合は所有権解除をしてもらわないと、譲渡、廃車等の手続きが一切出来ません。
戻る

所有権解除:クレジット(ローン)の支払いが終了していることが前提になります。
 車検証の使用者欄に記載されている人の印鑑証明、実印、委任状、最新の納税証明書、車検証(コピーで可)を所有者欄に記載されている(ディーラー、信販会社など)へ提出します。
 3日から1週間程度で書類が来ます。
戻る

金額

車庫証明書(都道府県で違います)
委任状
譲渡証明書
移転登録申請書
印鑑証明書(自治体で違います)
ナンバープレート
登録印紙
取得税:売買価格が50万円を超える物
¥2600−
¥15−
¥15−
¥30−
¥700−/一部
¥1440−/前後2枚
¥500−
売買価格の約5%目安

新所有者 : 登録名義は本社で、実際に使用する場所は支社(営業所)等の場合

基本的な登録方法は通常の名義変更と同じです。

新所有者が用意する書類

  • 印鑑証明書 : 本社のもの
  • 委任状の住所氏名 : 本社のもの
  • 車庫証明書 : 実際に使用する支社(営業所)の車庫で申請する。
    ※申請人の住所氏名は本社のものを記入して、使用の本拠の位置は、実際に使用する所の住所を書く。

自動車

手続き方法としてはほぼ同じですが、普通/小型車よりも簡単です。
【管轄の軽自動車検査協会(軽自動車の車検場)で行います】

必要な物(書類等)

1.自動車検査証記入申請書(軽第1号様式)
   新使用者の押印(個人の場合は認印、法人の場合は代表者印)又は自筆署名
   新・旧所有者の押印(個人の場合は認印、法人の場合は代表者印)

   または新旧双方の捺印を押した、【申請依頼書】

2.新しく所有者になる方の住所を証明するもの(住民票または印鑑証明書(官公署が発行する住所を証する書面3ヶ月以内のもの)を用意します)

3.自動車検査証(車検証です)

4.自賠責保険証(加入しているかを確認するため提示します)

5.自動車税申告書(軽自動車検査協会の税申告窓口又は、書類を販売する窓口で貰えます)

6.自動車保管場所証明書(車庫証明書、現在は地域により必要になります(東京は必要)が、名義変更後に所轄の警察署に申請します。車庫証明を申請しないと法により罰せられます)

7.ナンバーが換わる場合は、車を持ち込むかナンバープレートを外して持っていきます。
※軽自動車には封印が無いので車を持ち込まなくてもナンバーを持っていけば出来ます。

8.印鑑(シャチハタ以外なら認め印で構いません)

以上の物を持ち、軽自動車検査協会(軽自動車の車検場)へ行き手続きして終了です。時間は20〜30分程度で済むでしょう。

軽自動車の名義変更に掛かる費用

書類代 200円前後(代書して貰うときは、代書料2000円前後)
ナンバープレート代 1440円(同一管内でナンバーが変わらない時は不要)

と言う事で、自分でやれば書類代だけで済むこともあります。

 
 
TOP

前のページに戻る

HOME