自動車保険 損害保険

自動車板金塗装 自動車修理 適切な保険金©

当事者性を正当性の根拠とする非弁護士の法律事務扱い実態について   協定(法律事務行為)を行いません

示談金(保険金≒賠償金)
事故により加害者へ請求する賠償金、加害者が保険を使う場合、その損保から支払われる示談金(保険金≒賠償金)は、事故で損傷した物(車など)をその事故の直前の状態に復帰させる為に掛かる費用として、裁判における現在の賠償水準を基準に算定されるべきものです。

現在販売されている自動車保険や損害保険は、”実損てん補保険契約”に基づく契約で有り、保険会社が被保険者との実損てん補保険契約に基づき算定及び支払いが成される契約で有り、被保険者の知り得ない”保険会社の社内基準”では無く、社会一般としての適正な賠償水準を基準としたものを保険金として被保険者に給付されるべきものです。

この保険金は、損傷を
修理するしないに拘わらず、損害に対して賠償されるもので、何処で修理しても・機能性の回復・安全性の確保・耐久性の確保・美観の回復を基準に、これらが裁判により現在の賠償水準として適正に復元する為に必要とする内容で有る事が前提あり、示談交渉と言えど、地域や工場の規模、保険会社の指定工場で有るかどうかと言う基準で変わるものではありません。


修理代金
修理工場が損傷したお車を修理してお客さんから頂くのが修理代金です!

保険を利用する場合でも、修理工場は保険契約とは関われませんので、被保険者が保険会社から保険金の給付を受け、修理工場はお客さんから修理代金を頂く、これが本来の姿と言う事ですね。


修理をご依頼頂いたお客様が、保険を利用される場合でも、修理工場が保険会社と勝手に修理内容や保険金を決めたり、お客様に黙って省略出来た部品の代金を工場の利益としてしまうなどの行為は、不正行為です。
また保険金と修理代金に差が出た場合に、その差額を工場の利益として着服するなども不正行為です。

ユーザーの皆さんは、きちんと修理の内容を確認した上で、保険金の支払い・修理代金の支払いに同意して下さい。


見積書
弊社では、お客様からご依頼があれば、損傷したお車を事故直前の状態に出来る限り近づける為の復帰作業に必要な費用の見積書を、弊社の修理前提でお作り致します。
(正式な見積書を発行する場合には、見積書の作製費用が掛かりますが、修理をご依頼頂いた場合には、精算時に差し引かせて頂きます)。


修理
弊社では、実際に復元修理も行います。

なお、修理はお客様と打ち合わせの上で、お客様のご希望に合わせた内容で修理します。
修理代金と保険金額とに差が生じる事があります。

保険適用範囲の修理と同時に、追加(自費)修理をご依頼頂いた場合に、修理代も自費追加となりますが、同車両の場合単体で修理するよりも安く修理出来る場合が御座います。

あなたは保険を使った自動車修理(鈑金塗装)で損をしていませんか?

弊社は損保の指定工場(損保からの修理車入庫誘導契約工場)は止めました。
また、各種高額会費の修理斡旋ネットワークグループ(損保からの修理車入庫誘導契約グループ)にも加盟しておりません。

損保の指定工場になると、
損保に決められた(談合させられた)保険金算定方法や、損保への保険金割り戻し契約をさせられます。
また、入庫誘導を得る為に、テレビやラジオなどのCMでアナウンスされている、各種無料と言われるサービス(「代車無料」「無料駆けつけサービス」「無料ロードサービス」と言われている
サービスを無償提供させられておりましたので、その経費もばかになりません。
また、修理斡旋ネットワークグループでは、
高額な加盟料や会費、その他修理とは関係の無い商品の引き受けなどを強要され、工場の経費は小さくありません、これらの負担を何処で精算するかと言えば、弊社なら修理費用に転嫁するしか有りません、その修理費用は損保から誘導された修理車の修理代金(損保の誘導なので主に保険金)で埋めるしか有りません、従ってそれらの経費を埋めるために修理費用を調整せざるを得ないので損保指定工場を止めました

弊社は、その負担が御座いませんので、安価で高耐久な修理をお客様へそのままご提供出来ます。


賠償金
民法 第709条

故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。
民法 第417条(損害賠償の方法)
不法行為(故意または過失)においては原状回復ではなく金銭賠償が原則であることを規定している。


自動車損害保険
自動車損害保険は、保険契約に基づき、損保会社の承認をもって、消費の有無に拘わらず、損害を負った時の「物の交換価格(再調達価格)」が賠償金額となり、その額を過不足無く適正な保険金として支払う「てんぽ契約」と成っている。


修理費
修理費は、消費者と修理請負者との間で締結する修理契約を基準とし、第三者からの影響を受けない、修理予算となるもの。


修理代
修理代は、消費者と修理請負者との間で締結した修理契約を基準とし、契約者間以外からの影響を受けず、契約通りの修理を行い、納品時に引き換える、又は契約に基づき期日をもって支払われる対価。


昭栄自動車株式会社(小平市)
事故時の対処はここをクリック 自動車保険 キャッシュバック 自動車板金塗装 自動車修理でキャッシュバック   
事故車の修理はどこに依頼するのもお客さんの自由です。

※損保の誘導に任せて、損保の指定工場に丸投げしていませんか!?

適正な保険金を受け取る為には、正しい知識と技術のある者が診断をしなければ、適正な保険金(復帰費用)を受け取る事は難しいです。
◆自損事故でディーラーに直行するのが正しい選択だと思っていませんか?
◆損保に誘導されるまま損保の指定(提携)工場へ誘導されていませんか?

これらは皆さんの保険金を、勝手に損保と奪い合っているだけの工場達です。
どんな修理内容なのか、それには幾らの予算が見込まれているのか、きちんと確認してから修理作業を依頼する事が必要です。
保険金を修理費に当てる場合、修理依頼者の一部の方は、修理内容の説明、その内容を工場が勧める理由やリスクの説明を、一切修理工場から受けていないそうです。ご自身の車がどんな修理されているかも知らずに修理代だけ支払っていらっしゃる訳です。

そもそも保険金の使い道はお客さんの自由です。


当ホームページのサービスは、予告無く変更することが有ります、予めご了承下さい。

当コンテンツは昭栄自動車株式会社に所有権が有り、一切放棄しておりません。

当コンテンツをご利用希望の方は、こちらのメールフォームよりご連絡下さい。
◆規定に従って頂ければ無料でお使い頂けます。


警告!

当サイトにある全ての画像及び文章等の一部又は全部の複製及び転載二次使用を固く禁じます。
私の作った(書いた)物は私に、お借りしている物はそれをお貸し下さっている方に著作権があり、一切放棄していません。

当ページのコンテンツをご利用希望の方は、こちらのメールフォームよりご連絡下さい。

 当サイトの情報を不正に使用した修理工場が弊社からの指摘を受け、現在サイト運営を停止しています。 
 未だに復活出来ませんね。 廃業しちゃったのかな?
証拠は今でも保管してあります。

 2010年5月、またもやパクリサイトを発見!
今回は横浜の業者(クリエイター)が、当キャッシュバックのページに有るキャッチコピーや説明文
図解などをパクってちょっとだけ手を加えてクライアントに使わせていました。
(クリエイターやその上司(取締役)など、使っていた自動車屋以外の当事者からは謝罪を頂きました。) 

 パクリサイトは、発見次第、弁護士等と協議の上、損害賠償請求します。

弁護士:東京不二法律事務所 / 司法書士:有野・高尾事務所


前のページに戻る

HOME

Present by hide (Since 1998/06)
Copyright (C) Shoei car Co., Ltd. Hideo Takano. All Rights Reserved.