自動車修理 板金塗装 適切 保険金 修理 自動車保険 パーツ 持ち込みok

自動車板金塗装 自動車修理 適切な保険金©

当事者性を正当性の根拠とする非弁護士の法律事務扱い実態について
   協定(法律事務行為)を行いません

保険金

 事故を起こしてしまい、他人に損害を与えてしまった時に、その損害を賠償しなければならないのは、保険の有無に拘わらず、民法709条「不法行為(不注意)」で、事故当事者である加害者自身の債務です。
 被害者は、被った損害を民法709条により、加害者に損害賠償請求する権利があります。
そして、裁判基準により算定された額を、加害者から受ける権利があります。
 賠償金額は、損害に対し(その時に同じ物を再度調達出来る費用)を裁判基準で算定。

 事故を起こしてしまい、損害を与えた時に その損害賠償を”担保”してくれる契約なのが自動車保険。
 自動車保険は、加害者(被保険者)が法律上の賠償責任を負った場合に、その損害を保険契約内において”てん補”する契約。
 保険金の請求は、加害者(被保険者)が保険会社に請求するか、被害者から加害者の保険会社に対し、被害者直接請求権を行使することで保険金請求が出来ます。
 保険金の支払いは、被保険者と保険会社との「保険契約」を基準として支払われますので、保険契約以上の保険金は支払われません。足りない分は加害者が負担する義務がある。
※そもそも自動車保険を買っていなければ、保険もありませんから、全額加害者の負担です。

 しかし、今現在 保険会社主導の下に行われている保険金の支払いは、被害者には契約上一切の関わりが無い、加害者と加害者が買っている自動車保険の保険契約に基づくものを、有無を言わさず被害者に押しつける行為であり、裁判基準とは言えない低い示談金額で被害者を納得させている。
 実際、保険会社の介入により”裁判”を行わず、「示談」で終わらせるため、加害者の民法709条「不法行為(不注意)」ではあるものの、被害者が訴えていない状態なので、加害者には法律上の損害賠償責任は確定していなのを良い事に、それを上手く使い、保険契約上も保険会社は裁判基準で保険金を算定する事はせず、低い保険金額で満額支払っている様に誤魔化しているのが現実。

 では、今支払われている保険金の算定基準は何か、これは裁判基準では無く、保険契約にも書かれていない「保険会社の社内基準」を用い、保険会社が考える『支払っても良い』額、場合によっては債権を持たない修理工場が『欲しい』と考え、保険会社と無権代理交渉した額となっている。

 本来修理の有無に拘わらず、損害を被った被害者が、その受けた損害に対して賠償されるはずの賠償金(保険金)。
 損害の個体差は当然あるが、損害調査した者や修理工場の意思で変わるものではない。

 そもそも自動車保険の保険金は、修理代金ではありません。


 従来、鈑金塗装工場の仕事はディーラーや整備工場、中古車販売店などからの下請け仕事が基本で有り、それ等元請けとなる所が”顧客”でしたから、元請けに対する卸価格を設定するために定価的な設定を行いそこから「値引き」と言うものが使われて来ました。

 しかし、現在は一般ユーザーの皆さんが直接弊社のお客さんとなりましたので、弊社の卸価格が標準価格となりましたので、値引きやキャッシュバックというもの自体がございません。品質は従来通り、価格は始めからきちんと安いです。

 なお、お客さんが保険金請求などされる場合には、弊社が今まで培って来た経験や知識、数々のデータを元に、お客さんが保険金請求される場合に、受け取った保険金でディーラーに行って修理する場合でも、きちんと修理出来る水準の「修理案」を国家資格者が作成し ご提供する事も出来ます。
 そして、正当な賠償金 示談金 保険金を受けて頂き、そのお金を修理予算の一部として頂き、実際の修理はお客さんのご希望の内容にします。勿論修理しない事も選択出来ます。


 なお、弊社は損害賠償請求にも、保険契約に関しても第三者となりますので、保険に関しましては連絡調整程度までのお手伝いは出来ますが、保険金請求に掛かる処理一切に関しまして、無権代理行為となりかねない「損保会社やその下請けの損調会社(アジャスター)との「打ち合わせ」「協定」」には関われません。

 また
お客様と弊社の契約である修理内容に関して、お客様を除いて保険会社や保険関連会社等と勝手に保険金を決めたり、修理内容を変更する事はありません。


保険金
・保険金は現在の賠償水準により、裁判基準で算定されるものです。(対物保険も自損事故保険も同じです)
・保険金は保険会社の払いたい基準で決められるものではありません。(平等である事が前提、損保の利、工場の利とは無関係)
保険金は修理事実や内容の如何で変わるものではありません。(受けた損害をてん補する契約なので、修理(消費)事実は無用)
・保険金は地域や修理工場の別、規模・意図で変わるものではありません。(沖縄を除き、保険料の基準は全国統一なので、保険金も同様)
・保険金は被保険者のものです。(保険金は保険契約者の物、賠償金や示談金は被害者の物、使い道は自由)
・保険金は事故とその事故による損害の事実があれば、修理しなくてもそのまま受けられます。(適正保険額と証明出来る保険会社なら、修理工場に入庫する必要も有りません)


・弊社には、修理契約通りの代金のみお支払い頂きます。


現在弊社では、修理費用の適正化を行い、下請け時代からの(値引き)を前提にした料金体系を廃止し、弊社が経営上必要となる価格設定(卸価格)へシフトしておりますので、クーポンや値引きキャッシュバックなど用いずとも、きちんと安いです^^

軽鈑金や軽補修など、品質度外視の”補修”などを除き、”適切な修理品質”を基準にするならば、近隣地域で
最安値だと考えています。


さて、あなたは保険金請求で損をしていませんか?

弊社は損保の指定工場(損保からの修理車入庫誘導を受ける為に、被保険者の保険金を損保に割り戻す工場)ではありません。
また、各種高額会費の
修理斡旋ネットワーク(損保からの修理車入庫誘導契約グループ)にも加盟しておりません。

皆さんが直接お出で下さるので、弊社はこれらの負担が無く、安価で高耐久な修理をお客様へ直接ご提供しています。




損保会社の提示した保険金は予算
 填補払い《損保の算定した保険金額及びその根拠となる修理内容《品質》は未知 且つ無保証》です。

修理工場の提示した修理費も
予算
 ユーザーと打ち合わせの元に、希望に沿い提案させて頂いた内容で保証の出来る品質内容の修理に必要と考えた金額)です。

弊社は、損保会社の提示した未知品質の
予算と内容に合わせることは出来ません。
弊社は、損保会社の提示した予算を元に、品質調整をユーザーと打ち合わせすることは出来ます。


昭栄自動車株式会社(小平市)
事故時の対処はここをクリック 自動車保険 自動車板金塗装 自動車修理 保険の消費税
事故車の修理はどこに依頼するのもお客さんの自由です。

※損保の誘導に任せて、損保の指定工場に丸投げしていませんか!?

適正な修理を受けるには、正しい知識と資格のある者が診断を行い、損傷診断を行わなければ、適正な修理を受け取る事は難しいです。
◆まさか!事故に遭いディーラーに直行するのが正しい選択だと思っていませんか?
◆まさか!損保に誘導されるまま損保の指定(提携)工場へ依頼していませんか?

ディーラーや指定工場に入れた後、どんな損傷なのか、どう言う修理方法を行うのか、それには幾らの予算が見込まれているのか、きちんと説明を受けていますか?
保険金を修理費に当てる場合、修理依頼者の一部の方は、修理内容の説明、その内容を工場が勧める理由やリスクの説明を、一切修理工場から受けていないそうです。ご自身の車がどんな修理されているかも知らずに修理代だけ支払っていらっしゃる様です。
※シーマ、セルシオ、輸入車類、改造車は取り扱っておりません。
◆ワーゲンゴルフ、ボルボ、プジョー、アウディは一部扱いを始めました。

「修理方法が同じならディーラーで直した方が良いのですか?」と聞かれた事がありました。
確かにパーツの交換主体で修理する場合なら、何処に依頼してもそれ程作業内容は変わりませんが、弊社は車体整備国家資格者が鈑金を行います、また拘りも違います。

それでは、昭栄自動車にご依頼頂いた場合と、一般の整備工場やディーラーに依頼された場合で、何が違うのかと言うと、以下の表の様な違いが発生します。

・修理中の代車は、税別10万以上の修理をご依頼の場合、原則無料でお貸し致します!(弊社の代車貸し出し契約に準ずる。内容は契約書に記載。)
※レンタカー費用特約の付帯が有る場合は、弊社にてレンタカーを手配させて頂く事も出来ます。

・パーツをお客様でご用意頂けた場合、そのパーツを使って修理する事も可能です。

・無駄なパーツ交換は行いません、出来る限り鈑金修理致します。査定に響く修復歴を付けないためにも、パネルは出来る限り鈑金します。

・出来る限りお客様のご希望に沿った内容で修理しますので、解らない事は聞いて下さい、その上で弊社にお任せ下さい。

そもそも保険金の使い道はお客さんの自由です。
修理をしても しなくても
賠償金・示談金・保険金は、お客様のものです。^^


◆ 注 意 ◆

※事故に関する過失及び保険金に関しましては、弊社では一切関与出来ません、事故の当事者、保険契約の当事者と話し合って下さい。

なお、保険を利用される場合で、過失割合が決まっていない場合は、お預かりはお断りさせて頂く場合がございます。
また保険金を修理に利用される場合、保険金が確定するまで、修理着工が出来ない場合がございます。

原則として、過失割合・保険金額が確定してからの修理開始となります。

保険金はお客様の口座へ振り込まれます。

修理はお客様と弊社とのご契約です。

保険金をご請求なさる場合でも、修理代金はお客様のご精算となりますので、お車をお引き渡しさせて頂き時に、代金のご精算をお願いします。

●修理する事を前提としたお見積もりは、必ず現車を確認させて頂きます、画像だけの見積もりは出来ません。

弊社は「保険金」を算定する会社では御座いません。

●弊社は損傷したお車を、お客様の希望をお伺いし、出来る限りお客様の希望に沿う状態に修理する為に、必要と考える内容を鑑みて、適切な修理をする事を前提に、修理定案をご案内します。

●お客様のご要望があれば、事故の内容をお客様より伺った上で、その範囲の損傷に対し、想定される損害復帰費用を算定させて頂き、修理想定案を、損害調査会社に連絡させて頂く事も出きます。

●損害調査会社様などの保険金の算定は、事故直前の状態に戻す為に掛かる費用を現在の再調達価格を元に、裁判基準に則り、算定される物です。
 修理代金とは異なります。

※注意:事故直前の状態を私共は存じませんので、損害調査会社様の算定される保険金(直前復帰費用≒保険金/示談金)と、弊社の見積もり額が同じには成りません。

※修理に際し、パーツの交換が必要な場合等で、お客様にてパーツをご用意頂ける場合は、そのパーツを利用させて頂きます。

ご来店前に、お電話にてご連絡下さい。
修理に関しては、お見積もりをさせて頂いた上で、修理契約させて頂きます。

■申し訳御座いませんが、現在 ワーゲン、ボルボ、プジョー、アウディを除き、輸入車は受付けておりません。m(_ _)m

ご連絡はお電話で 042(342)0158 月曜~土曜 8:30~17:30  

保険を使って修理する場合は予め保険会社にご報告をお願いします。

●保険金請求される場合には、修理に掛かる前に保険会社へ事故報告及び保険金請求の可能性がある事をお伝えください。
 もし保険会社への連絡より先に修理してしまうと損害の事実確認が出来ませんので、正当な保険金が受けられなくなります。

◆見積もりは無料ですが、以下の内容に該当した場合は、9180円~見積り総額の20%を領収致します。
 ①弊社の正規見積書の発行をご希望の場合

 ②弊社のお見積もりにより、修理前にお客さまが保険会社その他より損害額相当の支払いを受ける場合
 ③全損その他の事由により修理を行わなくなり、お客さまが保険金の支払いを受ける場合

なお、如何なる理由があっても、不正が発覚した場合には、保険会社より『詐欺』で訴えられますのでご注意下さい。
弊社は事故の当事者でもありませんし、当該車両の事故直前/直後の状態も解りませんので、一切のご対応が出来ません。
弊社で実際に修理を行った場合は、その代金並びにその他の費用全てを実費にてご精算いただきます。


当ホームページのサービスは、予告無く変更することが有ります、予めご了承下さい。

当コンテンツは昭栄自動車株式会社に所有権が有り、一切放棄しておりません。

当コンテンツをご利用希望の方は、こちらのメールフォームよりご連絡下さい。
◆規定に従って頂ければ無料でお使い頂けます。


警告!

当サイトにある全ての画像及び文章等の一部又は全部の複製及び転載二次使用を固く禁じます。
私の作った(書いた)物は私に、お借りしている物はそれをお貸し下さっている方に著作権があり、一切放棄していません。

当ページのコンテンツをご利用希望の方は、こちらのメールフォームよりご連絡下さい。

 当サイトの情報を不正に使用した修理工場が弊社からの指摘を受け、現在サイト運営を停止しています。 
 未だに復活出来ませんね。 廃業しちゃったのかな?
証拠は今でも保管してあります。

 2010年5月、またもやパクリサイトを発見!
今回は横浜の業者(クリエイター)が、当キャッシュバックのページに有るキャッチコピーや説明文
図解などをパクってちょっとだけ手を加えてクライアントに使わせていました。
(クリエイターやその上司(取締役)など、使っていた自動車屋以外の当事者からは謝罪を頂きました。) 

 パクリサイトは、発見次第、弁護士等と協議の上、損害賠償請求します。

弁護士:東京不二法律事務所 / 司法書士:有野・高尾事務所


前のページに戻る

HOME

Present by hide (Since 1998/06)
Copyright (C) Shoei car Co., Ltd. Hideo Takano. All Rights Reserved.