お客様が不慮の事故に遭い、保険金を請求しました。
受取った保険金や賠償金を「自由」(FREE)に使い、治さないで買い替えましたor修理しました。
これが法と契約によって守られている当たり前の事。

お客様は、保険金を請求するか保険金を請求しないかは、正当に保険金額が確定してから決める事にしました。
損保は、「修理契約と保険金請求を、ユーザーが”する事になった事にして保険金が安く済む修理工場にお客様の車を誘導・入庫させ、「修理契約した事にして」損保の鑑定屋が、修理契約当事者でもないのに、修理工場に対しユーザーの代理であるように騙し、修理契約交渉をして、安い修理契約をさせる事で、安い保険金を払う準備をする。
でもお客様は、クオリティーの低い修理契約がされていた事を知らない。
そしてお客様は、保険金請求しない事にしました。
結局、今 皆さんにFREEは無い。


被害者の選択権
被害者が、加害者が契約している契約内容も知らない保険に対して、「直接請求」するか、加害者が自費で払うかその時点では分からない。

そんな「直接請求権」を主張していない被害者に対して、「被害者が直接請求権により保険会社様に保険金請求してきたぞ!という事にして」、加害者の通報で、加害者の用心棒(ALSOK)や鑑定人が駆けつけ、被害者の車や財産を物色し、被害者にあれこれ質問し、保険金が安く済む修理工場にお客様の車を入庫させ、その工場と「修理契約した事にして」保険屋の鑑定屋が、当事者でもないのに、修理工場に対して被害者の代理人であるかのように騙して修理契約交渉をして、安い修理契約をさせる事で、安い保険金を払う準備をする。
でもお客様は、クオリティーの低い修理契約がされていた事を知らない。
人身も同様。
そして、加害者はお金持ちで賠償金を払えるので、保険を使わない事にして、被害者も直接請求はしない事にしました。
FREEはない。

しかし、契約と法に基づけば、お客様は、民法上填補(先に受取る事)されたあと、受け取った保険金や賠償金を好きに使うFREEがある。

その法と契約に基づくFREEは、自動的な自由ではなく、取りに行かなければ保険会社に制限される自由、すなわちLIBERTYなのである。

弊社の主張による根拠を見たい方はPDFをどうぞ
PDF

現在、保険契約である填補契約を完全に履行している保険会社、示談代行サービスの公表されている運営ルール、これらを厳守している保険会社は知りません。
「かかる費用」をあらかじめ補い補完する保険契約ですが、「かかった費用」に折り合いを付ける運営がされており、あらかじめ補完される事は少ないので、填補契約の債務不履行なのではないかと私は思っております。

他人に賠償する事を念頭に置いて、自ら利得を得る目的は思考から排除し、地域ごとの評判を調べて購入する事をおススメします。

 

参考:フレッシュな消費者の声

参考数名の追認済意見「保険金と賠償金はそもそも別物」

日本交通事故調査機構

弊社の定義する「保険修理」

Q お客様の先入観=修理にかかった費用満額保険金が払われる ×
A むしろ、今までの経験上、お客様が満額払うと言うからお客様にお車をお返ししますが、その後、保険会社ではないお客様の代理を名乗る人が、保険会社側からアジャスターと名乗り派遣され、修理代満額を保険会社の支払っても良い保険金額に合わせて減額する交渉を受けます。
それに応じなければ保険金の支払い手続きはしないと言う事になりますので、それを当事者のお客様が聞いているかどうか分かりませんが、保険会社は結局満額払いません。
要するに、修理代よりも保険金は安いと思ってください。

Q 品質は?
保険金 < お客様が妥協できる修理 < 直前の状態に復帰する費用 < 保険金の範囲以上の直前以上を求める修理

まずこのように定義できると思いますが、保険金は実質的には「お客様が妥協できる修理」に関する代金を”アジャスターが”自分の基準で計算し直して、保険契約部外者の工場に交渉しますから、上記のような定義になります。

したがって、その安いお客様の保険金でいかに品質良く修理するかが、我々の技術力の真骨頂です。
お客様と弊社の直接の関係に言い換えれば、できるだけ安く品質高く修理契約できるかという事に成ります。

お客様によって違いますが、この「直前の状態に復帰する費用」というのが保険金の額です。
その算定をする指数というものがあり、それに乗じる単価というものが、お客様毎に契約されているという前提でアジャスターは計算しています。

保険料は概ね全国一律ですが、この単価は、青森では5640円、東京では7000円前後と、契約者に対して不平等なものになっているようです。
その修理基準は、自研センターというところで見る事ができ、今まで見た事がある方に聞くと以下の品質が「直前の状態に復帰する費用」とされています。
(1)パネル交換の溶接や取付は、少し位は目視できるズレがある状態。
(2)塗装は、明らかに塗装したという状態で、ゴミやムラがある状態。
そしてアジャスターが検査そのものを認めない
・事故により歪みの起きている可能性のある、ホイールアライメントボディーアライメントの狂いが残る状態。
このような品質です。

したがって、弊社の定義する「保険修理」とは
少し位ズレが合っても良く、フレームの狂いなどの安全は気にせず、その辺をばーっと塗った程度。
と定義しておりますので、弊社の品質で修理をした方が良いと思いますが、保険会社基準では、弊社の品質の保険金は支払われませんので、保険金額に合わせて、最良の品質を提案させて頂き、保険会社の計算内容とは違いますが、お客様には好評を得ていますし、保険会社も保険会社なりの、払いたい保険金額を払っています。
※ただし、保険会社ごとに、同じような損傷でも、保険金額は4割程度違う場合があり、保険料だけで保険を買うべきではないと思います。
 

少し保険会社を擁護しましょう。


1・保険会社は、加害者の「代理人」ではありませんので、被害者から加害者への権利主張を聞く立場にはそもそもありません。
 保険会社はそもそも加害者ではありませんよね、示談する当事者でもありませんよね、だから保険会社に言っても意味はありません。

2・保険会社は、保険契約の範囲で賠償水準を基にして、保険金を計算して払える立場だと資料から推測できます。
 被害者様が、この加害者の保険契約の債権に対して、直接保険会社に払うように主張する権利が「直接請求権」だと書かれています。
 保険会社は被害者に賠償金を払う義務のある加害者ではありませんし、被害者のあなたが保険会社に直接請求しなければ、そもそも保険会社はあなたに払う義務がありません。冷静に。

3・保険会社は契約の履行をしなければ、債務不履行という契約違反に成ると考えるのが社会通念ですから、契約履行をするにとどまります。

4・印象としては、被害者のあなたが保険会社に向ける文句を生んでいるのは、実は損害調査会社に対する文句であり、保険会社に言うべきことではなかったりします。

5・保険会社は加害者でもなければ、賠償する義務がある訳でもありません。保険会社に過ぎませんので、保険会社の担当者に被害者としての怒りをぶつけるのはやめましょう。

6・保険会社の担当者は、きっと自分が加害者でもないのに、罵声を浴びせられ悲しい思いをしているかもしれません。
 被害者のあなたに賠償金の一部を加害者との保険契約通りに渡してくれる人間です。

7・私の印象では、損害調査会社などが被害者の感情を逆なでし、保険会社の担当者が、その反動を受けているようだと感じています。

8・保険金が賠償金満額払うはずだと、保険契約者でもない被害者のあなたが思い込んでいるだけかもしれません。
 保険会社はあくまでも保険契約に基づき債務履行する立場です。

9・保険会社と損害調査会社は違います。誤解なきように。
 整理してみると、損害調査が原因で保険金(損害調査経費)が増大し、訳の分からな保険会社の人が混乱するようです。

 

※そもそも論の親玉という存在が出たそうです。

これがそもそも論を悪用して方法論構築し、方法論で保険金を多く取ろうという存在があると聞いていましたが、その人なのでしょう。
HPの写真撮影をしており、対処方法をお知らせしますので、困っている保険会社の方はご連絡ください。

また、そもそも論とは何かといえば
これはいたって簡単な事で、「私がMrそもそも論だ!」という事ではなく、「そなたも、そなたも」、と、社会の中の人たちが常識とする評価「私どもは追認と呼んでいます」を行い、単独意見ではなく、複数意見として合意された物が「そもそも候補」と成っているだけであり、「そもそも論」などという仰々しいものではありません。
そもそも=社会通念
当たり前の事。
という事です。

社会通念に沿えば、消費者からの評価はあがります。
弊社は、保険会社とは「そもそも」何の関係も無いし、アジャスターとも何の関係もありません。
知り合いと言う程度です。
そんな他人同士が、隠れてお客様の保険金から、差額を奪い合う協定というものが、消費者からどうみられているか。
高度成長期ならまだしも、現代社会でその流れにより
「我々は保険金を1円でも多く取ろう」
「我々は保険金を1円でも少なくしよう」
「保険契約上の保険金は10万円だけど、工場はそのレベルで修理せず7万円の修理だし、保険会社も支払いを減らしたいから、8万円で協定しようか?」は。現代社会の人々を馬鹿にした方法なのかもしれません。
なので、そもそも、保険契約は当事者間で契約通りに、修理契約は当事者間で契約通りに、当たり前にしましょう。
それが、私どもJTAの追認メンバーが言っている事なのです。
そして、忘れたころに、もしかして当時の保険金支払いと、修理代の清算は・・・・・!!!
と消費者が気が付いた時には、そうだったみたいですね。程度で終わればいいではないかと思っております。

過去と事実は取り返せませんから。


そして保険会社へのメッセージ