要望は一つ。
填補保険契約を填補履行する当たり前の事をしてください。

損害調査員(アジャスター)が填補履行しない方法論でやりたいからと、相手当事者では無く 填補不履行に成る事を容認しない当事者関係の無い工場に対して、対工場施策をするのは人として異常ですから。
要望は以上。


保険会社は、損害調査員(アジャスター)が何をやっているか把握していますか?
損害調査員の言う事だけを一方的に聞いて、保険会社が社会に恥をかいていませんか?

損害調査員(アジャスター)の行っている事をお知らせします。

結果的な保険会社の債務不履行について
填補契約がおおよそ不履行に成る現状は、いわゆるアジャスターに原因があります。


1.アジャスターと工場は他人であり、何ら業に関わる関係に無い者同士です。

2.アジャスターの相手は、事故車両と保険契約者のみです。

3.保険金がいくらでも良いと言っている修理工場に出向き、査定をして保険契約に基づき速やかに填補契約を履行してくれれば、保険契約者がそれで良ければ、その填補された金銭が市場を流れます。

4.アジャスターは「保険金支払額を抑えた」という実績を造るため、1で提示した関係であるのに、工場から求められていないにも関わらず、当然に工場を保険契約者の代理人と見立てて、一方的に事務所に侵入して、保険決定に関する権利の無い工場に対して交渉を諮ります。
 その上で工場から「直前の状態に復帰する費用」か否か契約内容を知らない工場から修理契約案を調達し、自ら損害査定という仕事をする事無く、他人の基準で作成された書類を自らの基準で書き換えるようです。
 工場から修理契約案を調達して結果として起こる「払われない」という事を事前に説明する義務を果たさないと言う方法により、修理契約代金満額払われると保険契約者と修理事業者を安心させ満額払うと錯誤させる。
 そして、修理工場が納車をした事を確認するので填補保険契約が不履行に成る。
 それから、工場に先ほどの自分の計算式で計算し直した結果を基に、工場に「計算が違う」「自分と比べて高い」「認められない」「協定しない」など、保険金が払われないように脅迫する。
 そして「工場が悪い」ように保険会社に報告し、消費者と修理工場を当事者とする修理契約に対して、消費者の無権代理行為をはたらき、その権限があると修理工場に錯誤させ、応じなければ払わないという脅しを保険契約者ではなく他人の修理工場に対して行い、修理代金を書き変えさせる事を協定と称して、常日頃行う方法論としています。

ゆえに、填補契約を履行する前提の方法論をとっていないので、おおよその保険契約履行は、すべて填補契約の債務不履行と成っているといえます。

 しかしながら、これらのアジャスターは保険会社にとっては、できる人員に見えるでしょう。
 しかし社会を見渡せばどうでしょう?
 アジャスターは社会に認知され、国家資格化されるような活躍をしてきましたか?
 むしろ社会の中で評判の悪い、加害者の用心棒のような扱いではないでしょうか?

 評価は、消費者がするものだと思います。​

 アジャスターの、填補契約を不履行にする前提の卑怯な方法論により、アジャスターが弊社の事をどう言っているのか分かりませんが、保険会社によるアジャスター基準の指数使用方法に従わない弊社に対する不利益というものは存在します。
 弊社の計算したものをアジャスター基準で計算し直せば、高いのは当たり前です。
 アジャスターの計算基準の方が、物価上昇に沿わない安いものなのですから。
 その証拠に、物価上昇と比例するアジャスターの取り扱い額というのは、すでに3倍以上である事は確実な実態ですから、当然その計算基準も3倍に成っている必要があります。
 何故なら、保険料値上げの理由を修理代の高騰だと社会に説明しているのだからです。
 そして弊社は、先日証明されましたが、アジャスターが損害査定を独自にし、弊社は弊社でお客様との間で修理契約案を独自にいつも通りに計算をした結果、アジャスターは保険契約履行基準で作成した書類は、弊社の書類を書き換えたものではないので、弊社よりも4万円高額な総額と成っていました。
 弊社は、指数法式を参考に、弊社なりに安くする努力と、品質を上げる努力をしており、これについては、填補契約の保険会社には全く関係ない事だとは思いますが、実態として、弊社は高くないという事を言うアジャスターもおりますし、弊社が高いように結論を出さざるえない、填補契約不履行を前提とする方法論が間違えていると言えます。

 弊社は、保険金額はいくらでも構いません。
 保険金の事は、保険会社が相手当事者に契約内容に基づいた金額である説明をする債務です。
 弊社は聞く事はできても関わる事ができないのは当たり前の事です。
 アジャスターが修理契約に無権代理行為をして中古部品を修理工場に使わせて10万円にしても、保険金が10万円だったのでお客様と工場当事者で中古部品を使う事にして10万円の修理契約をしても、結果は同じです。
 しかし、中古部品を使う保険金の合意を当事者に取らずに、修理契約でそうであったように処理する、責任転嫁をする人として卑怯な方法論であると言えます。
 どちらにしろ、お客様の修理予算で、お客様との合意の上で、双方納得しお客様が喜ぶ修理契約をしています。
 アジャスターが手柄を立てるために行った事は、単に保険会社の評判を落とすだけの行為かと思います。
 保険会社に喜んでもらうために行った事により、肝心のお客様の心象を害せば、これは商売として本末転倒かと思います。

 アジャスターが修理契約に関与する事が合法である理由が未だ不明ですから、他人の修理契約に関与させるべきではありません。
 弊社も、保険会社の事情に口を差し挟む気はありません。

 工場に払ったから、工場が債権者であるようにする場合もありますが、工場が債権者に成る事がないのは、消費税が証明しています。
 単に契約者に対する填補契約の債務不履行なだけです。

自動車保険の実態