錆取り 錆落とし サンポール 実験 燃料タンク ガソリンタンク

サンポールで錆び落とし実験!

ある方が、何処かのホームページで「サンポールで燃料タンク内のさびを落とせると言う事を書いて有ったと言うので、実際はどうなのかを ちょっと実験してみました。

燃料タンクは無かったので、10数年間放置してあった 酷く錆びた番線(直径4o程度の太さの針金)で行いました。

サンポール」は、KICHOさんの商品です。

まず番線を10センチ程度に切り 丸く和を作りました。

この時に少し錆が剥がれ落ちました。

錆取り 錆落とし サンポール 実験 燃料タンク ガソリンタンク 

次に二つの容器にそれらを1つずつ入れてそこへ原液と、水で5:5に割った物との2種類の溶液を入れました。

錆取り 錆落とし サンポール 実験 燃料タンク ガソリンタンク 

5:5 希釈 (左) 原  液 (右)

錆取り 錆落とし サンポール 実験 燃料タンク ガソリンタンク 

約1時間経過

錆取り 錆落とし サンポール 実験 燃料タンク ガソリンタンク  錆取り 錆落とし サンポール 実験 燃料タンク ガソリンタンク 
5:5で薄めた物 原   液

原液の方は表面の錆が落ち始めているが、薄めた方はまだ変化はない。

約2時間経過

錆取り 錆落とし サンポール 実験 燃料タンク ガソリンタンク 

錆取り 錆落とし サンポール 実験 燃料タンク ガソリンタンク 

右の原液の方は殆ど錆びが落ちている(右の画像の右下に写っている棒を使い、原液の中で少し揺すってみた)、薄めた方も落ち始めている。 

約3時間後

錆取り 錆落とし サンポール 実験 燃料タンク ガソリンタンク 

液体から取り出して水洗いしてみたら、なんと!ここまで錆が落ちていました。 

左の薄めた方はまだ若干残っていますが、右の原液の方は浸からなかった部分を除き ほぼ完全に錆が落ちました。

これは驚きです。

錆取り 錆落とし サンポール 実験 燃料タンク ガソリンタンク 

これは同時に浸けて置き 浸かった部分と浸からなかった部分を作ってみました、これで違いが一目瞭然!

注意 この方法で錆を落とした場合、通常よりも再度錆び始めるのが早いので、何か処理をしておかないと駄目なようです。
24時間後に確認したところ 少し赤茶けて錆び始めていました。
 

数値的なデータは何も有りませんが、これは今日私が実際に行った実験です。
嘘偽りは何もありません、全て実際の物、現実に起きた事です。

経過時間は大凡です、ストップウォッチで計った訳ではありません、画像の明るさ/色合いは調整してありますが、後はサイズ以外手を加えていません。

1999年7月6日 午前9時10分頃開始 正午終了。

ラジオペンチ編

錆取り 錆落とし サンポール 実験 燃料タンク ガソリンタンク   錆取り 錆落とし サンポール 実験 燃料タンク ガソリンタンク 

 これは私が入社した時に購入したもので、紛失してしまい、10数年放置状態となり 錆びて殆ど動かなくなっていたラジオペンチです。

サンポールの原液に3日間浸けておき、取り出して水で洗い流し エアーブローで乾かした後、潤滑浸透剤を塗布して丸一日 放置しておきました。

当初は、随分動くようにはなりましたが、 まだ動きは渋かった。

これに二硫化モリブデンのペースト スプレーを塗布し 動かしていたら、動きは見事完全復活しました。

 ただし腐食が激しく露出していた金属部は月の表面のように穴だらけでした。(現在も使用してます)

※注意※

 サンポールを使ったサビ落としは、サンポールの正しい使用方法ではありません。
 サンポールのご使用は、用法/要領を良く読み、正しくご使用下さい。

 この実験は、私個人が私個人の責任において私の物を使って行った興味本位の実験であり 
 サンポールを使用したサビ落としを推奨するものではありません。

 この方法または類似した方法で、このような作業を行う方は、全て実験者自身の責任において行って下さい。
 もしもこの方法または類似した方法を用いて錆の除去またはその他の行為を行い、身体・物品等に異常・損傷が起きても、私は一切の責任を負いません。
hide

サンポール」は、KICHOさんの商品です。

前のページに戻る

HOME

「燃料タンクの錆び取り奮闘記」<東京ニュージーランド>