タイヤサイズ 製造年月 使用基準 ローテーション 回転方向 

自動車タイヤの使用基準(抜粋)

ローテイション(位置交換)

1.タイヤの位置交換は、タイヤの装着位置又は回転方向を変えることにより、摩耗の均一化並びに疲労の平均化を図り、経済性と安全性を確保するために行うものです。

また、位置交換時にタイヤの点検を行う事により、特に足回りの異常又はタイヤ損傷の発見も可能であり走行中の突発的な事故の発生を未然に防止図工かもあります。

位置交換の時期は、車種タイヤの種類により異なるので、一概に何千q毎等と規定する事は不可能です。

従ってタイヤの摩耗状態を点検し、異常摩耗の兆候が有れば早めに位置交換を実施する必要があります。

タイヤの位置交換の方法は車両によって異なりますが、乗用車用タイヤの場合の一例を下図に示します。

応急用タイヤの場合は、標準タイヤがパンク等により使用できなくなった場合に一時的に使用することが許された特種なタイヤなので、長期間の使用又は、摩耗を均一化する位置交換の対象としないで下さい。

2.回転方向又は取り付け方法が指定されたタイヤの位置交換は、前述のようには出来ません。
  位置交換後も指定された回転方向又は取り付け方法等になるようにして下さい。

※注意
 下図の様なマークが有る(ローテイション(回転方向)指定されている)物や、裏表の指定の有る場合、前輪後輪でサイズが違う場合などは位置交換は出来ません。

回転方向の簡単な見分け方はここ。

  


タイヤの適正使用 (タイヤのしおり)

1.タイヤの空気圧
 タイヤは自動車メーカーの指定空気圧を充填し、それを保持することにより始めてその性能を発揮する。

△警告1) タイヤの空気圧は走行前の冷えている時に、自動車メーカーの指定圧に調整すること。
なお、一般走行。高速走行別に空気圧が指定されている場合は、その指示に従うこと。
2)
   
走行によって空気圧が上昇しても空気は抜かないこと。
3)
   
自然漏洩等により空気圧は低下するので、定期的に自動車メーカー指定圧に補充すること。
 
4)
   
スペアータイヤの空気圧は、自動車メーカー指定圧に充填すること。
 
5)
   
Tタイプ応急用タイヤの空気圧は、420kpa(4.2kgf/cu)に充填すること。
 
6) 折りたたみ式タイヤの空気充填方法は、自動車メーカーの指示に従うこと。
2.タイヤの負荷能力
1) タイヤはサイズ毎に負荷能力の上限が規定されているので、車両に指定された積載量、定員を超えて使用してはならない。
3.タイヤの速度能力
1) タイヤは走行時の安全を確保するため、速度能力を超えて使用してはならない。
また、速度能力以内であっても、法定速度を超えて使用してはならない。
2) タイヤの速度能力(タイヤが規定の条件下で走行することが許される最高の速度)は、次の通りである。
(1)ISO表示のタイヤの最高速度は、速度記号又は速度カテゴリーによる。
次表に乗用車タイヤの例を抜粋する。
速度記号
 
速度カテゴリー
(旧規格表示) 
最高速度
(q/h)
 速度記号
 
速度カテゴリー
(旧規格表示)
最高速度
(q/h)
 120 190
 130 200
 140HR210
 150 240
 160 ZR240超
 170 270
SR180 
(2) 乗用車用ラジアルプライタイヤで速度記号又は速度カテゴリ表示のないタイヤの最高速度は、160q/hとする。
(3) 乗用車用Tタイプ応急用タイヤの最高速度は130q/hとする。
 
(4)
 
乗用車用バイアスプライタイヤの最高速度は次表による。
 注:本表は冬用タイヤを含む
リム径の呼び最高速度(q/h)
10インチ120
12インチ140
13インチ以上150

4.タイヤの位置交換

1) タイヤの位置交換は、車両の使用条件に合わせて定期的に実施すること。
ただし、異常摩耗の兆候が認められた場合は、速やかに実施すること。
2) タイヤの位置交換は、次の事項に従って行うこと。
1.前輪には残り溝が多く、傷、損傷のないタイヤを装着すること。
2.回転方向又は取り付け方法等を指定したタイヤは、指示通りに車体に組み付け、指定方向に装着すること。 見本

5.運転者の遵守事項

1) 新品タイヤのならし走行
新品タイヤ装着当初は、80q/h以下の速度で最低100q以上のならし走行を行うこと。
2) 安全確保のための運転等
△警告 (1)タイヤを傷つける恐れがあるので、道路の縁石等にタイヤの側面を接触させたり、道路上の突起物等に乗り上げることは避けること。
△警告 (2)急発進、急加速、急旋回及び急停止は危険なため避けること。特に湿潤路、積雪及び凍結路は滑り易く、事故に繋がる恐れがあるため、急カープでは減速するなど道路状況に応じた適切な運転をすること。
(3)走行中は、常に走行速度に応じた車間距離を確保すること。特に湿潤路、積雪又は凍結路走行時は充分な車間距離を確保すること。

△警告 (4)走行中に操縦不安定又は異常な音及び振動等を感じた時は、速やかに安全な場所に停車して、車両及びタイヤを点検
する事。
外観上、異常がなくても、早期にタイヤ販売店又は整備工場に点検を依頼すること。
(5)タイヤのタイプやサイズを変更した場合は、タイヤの運動特性が変化するので、慣れるまでは注意して運転すること。

タイヤサイズと製造年月
サイズ 製造年月

タイヤサイズの表記は、位置としてはホイールとの境目付近で、タイヤの裏表に表示されています。

195 タイヤ幅[mm]

65

扁平率[%]

R

ラジアル構造の表示
15 ホイールリムの径[inch]
91 ロードインデックス(耐荷重)
H 速度記号

製造年月の表示の位置は、タイヤサイズと同じ様にホイールとの境目付近にありますが、違いとしてはサイズは裏表に有るのに対し、製造年月は片側にしか表示されていません。

表示例としては、写真のような刻印で書かれており、下4桁が製造年月になります。

写真を例として見ると、赤色の四角の「04」が2004年の生造となり、黄色の四角「44」がその年の1月1日から数えて44週目に生造されたという意味です。
下の生造週早見表を見ると、10月の第5週の生造と言う事が解ります。

1月1日に生造された場合は、01(1週目)となります。

1999年以前に生産された商品は、下3桁が製造年月になります。
この場合は一番最後の1桁が製造年、その前の2桁がその年の何週目に生造されたかが記されています。

128 --- 1998年の12週目の製造
4404 --- 2004年の44週目に製造

ロードインデックス
規定の条件の下で負荷できる最大能力が分かります。

60 - 250kg 70 - 335kg 80 - 450kg 90 - 600kg 100 - 800kg 110 - 1060kg
61 - 257kg 71 - 345kg 81 - 462kg 91 - 615kg 101 - 825kg 111 - 1090kg
62 - 265kg 72 - 335kg 82 - 475kg 92 - 630kg 102 - 850kg 112 - 1120kg
63 - 272kg 73 - 365kg 83 - 487kg 93 - 650kg 103 - 875kg 113 - 1150kg
64 - 280kg 74 - 375kg 84 - 500kg 94 - 670kg 104 - 900kg 114 - 1180kg
65 - 290kg 75 - 387kg 85 - 515kg 95 - 690kg 105 - 925kg 115 - 1215kg
66 - 300kg 76 - 400kg 86 - 530kg 96 - 710kg 106 - 950kg 116 - 1250kg
67 - 307kg 77 - 412kg 87 - 545kg 97 - 730kg 107 - 975kg 117 - 1285kg
68 - 317kg 78 - 425kg 88 - 560kg 98 - 750kg 108 - 1000kg 118 - 1320kg
69 - 325kg 79 - 437kg 89 - 580kg 99 - 775kg 109 - 1030kg 119 - 1360kg

タイヤ取り付けに伴う、回転方向と内側外側の別を解説しました。

tier003.jpg (63224 バイト) tier004.jpg (74464 バイト) tier005.jpg (63736 バイト) tier006.jpg (57375 バイト)


タイヤのサインと使用基準






スタッドレスタイヤの使用基準











ブリザックの良いところはこちらをご覧下さい(ブリヂストンHP)


製造年月週 早見表

1月

1週

*

*

*

*

1

2

3

2週

4

5

6

7

8

9 10
3週 11 12 13 14 15 16 17
4週 18 19 20 21 22 23 24

5週

25 26 27 28 29 30 31

2月

6週 1 2 3 4 5 6 7
7週 8 9 10 11 12 13 14
8週 15 16 17 18 19 20 21
9週 22 23 24 25 26 27 28
10週 29

*

* * * * *

3月

10週 * 1 2 3 4 5 6
11週 7 8 9 10 11 12 13
12週 14 15 16 17 18 19 20
13週 21 22 23 24 25 26 27
14週 28 29 30 31

*

* *

4月

14週 * * * * 1 2 3
15週 4 5 6 7 8 9 10
16週 11 12 13 14 15 16 17
17週 18 19 20 21 22 23 24
18週 25 26 27 28 29 30 *

5月

18週 * * * * * * 1
19週 2 3 4 5 6 7 8
20週 9 10 11 12 13 14 15
21週 16 17 18 19 20 21 22
22週 23 24 25 26 27 28 29
23週 30 31 * * * * *

6月

23週 * * 1 2 3 4 5
24週 6 7 8 9 10 11 12
25週 13 14 15 16 17 18 19
26週 20 21 22 23 24 25 26
27週 27 28 29 30 * * *

7月

27週 * * * * 1 2 3
28週 4 5 6 7 8 9 10
29週 11 12 13 14 15 16 17
30週 18 19 20 21 22 23 24
31週 25 26 27 28 29 30 31

8月

32週 1 2 3 4 5 6 7
33週 8 9 10 11 12 13 14
34週 15 16 17 18 19 20 21
35週 22 23 24 25 26 27 28
36週 29 30 31

*

* * *

9月

36週 * * * 1 2 3 4
37週 5 6 7 8 9 10 11
38週 12 13 14 15 16 17 18
39週 19 20 21 22 23 24 25
40週 26 27 28 29 30 * *

10月

40週 * * * * * 1 2
41週 3 4 5 6 7 8 9
42週 10 11 12 13 14 15 16
43週 17 18 19 20 21 22 23
44週 24 25 26 27 28 29 30
45週 31 * * * * * *

11月

45週 * 1 2 3 4 5 6
46週 7 8 9 10 11 12 13
47週 14 15 16 17 18 19 20
48週 21 22 23 24 25 26 27
49週 28 29 30 * * * *

12月

49週 * * * 1 2 3 4
50週 5 6 7 8 9 10 11
51週 12 13 14 15 16 17 18
52週 19 20 21 22 23 24 25
53週 26 27 28 29 30 31 *


メーカーリンク


ブリヂストン

ミシュラン

ヨコハマ

ファルケン

ブリヂストン・アメリカズ・インク
(旧 ファイアストン)

トーヨータイヤ

クーパー

グッドイヤー

コンチネンタル

ゼネラル

ダンロップ

NITTOタイヤ

BFグッドリッチ

ピレリ


タイヤのしおり

タイヤを使用する場合の
色々なアドバイスがあります



前のページに戻る

HOME